FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブログを見て“何か”を感じたらRankingクリックしてください!

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ガットの話

ガットって、インパクトでたわんでから戻りますよね。

そのたわみの大きさと戻りの早さが飛びやスピンに関係してくると思います。

つまりスイングと戻りが一致しているときがベストテンションであると。

だからスイングスピードが速い人ほどテンションを高くしますね。
テンションが低いとガットの“戻り”がスイングに追いつかないので。
ためしに柔らかいガット(ポリ→ナイロンマルチ)をローテンション(56→50)で張ってみたら大きくたわんでしまって、戻る前に球が離れてしまう上に面の安定感も失ってしまいました。結果、飛びとスピン性能も犠牲になりました。


ここで
よく言われる「ガットが緩むと飛ぶようになる」という件について、
ここでいうベストテンションが正しいとしたらそれは最初にハイテンションに張りすぎているということになりませんか?
私の場合緩むほど飛び、スピン、コントロールすべての性能が下がります。

スポンサーサイト

テーマ : テニス - ジャンル : スポーツ


ブログを見て“何か”を感じたらRankingクリックしてください!

2011/02/25 01:05 | テニスCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。